MENU

沿革

浄教寺の元祖は教空である。教空は当村古曽部の豪農入江某氏として生まれたが戦乱や一揆が打ち続く戦乱の世をはかなみ、念仏門に帰依して名を教空と改め一字を創建したのが起源である。

やがて永禄三年(1560年)中興宗円が本願寺第十一世顕如上人の直弟子となり、古曽部の門徒とともに念仏教化に励んでいたが、元亀元年(1570年)織田信長と本願寺との、いわゆる石山合戦に宗円も護法の為に自ら僧兵として村の門徒と共に参加したという。その後、阿弥陀如来絵像一幅下付あり。これを現在まで護持・伝承している。

第三世住職教恵の時代、延宝元年(1673年)に現在のご本尊(阿弥陀如来大仏像)の下付、第四世教専に至って元禄三年(1690年)に門徒の協力を得て前本堂が建立され、親鸞聖人、良如上人、聖徳太子、七高僧のご影が下付され、ほぼ内陣の荘厳が整えられた。

以後、太鼓桜、石橋、山門を次々建立し、文化十年(1813年)茅葺き屋根の本堂から瓦葺き本堂にとその姿は次第に整っていった。しかしながら、その後幾度となく歴代住職が中心となって修繕に修繕を重ねていったが、三百年余りの風雪には老朽化した本堂も耐ええず、ついに新築のはこびとなり今日を迎えたのである。

このように、今再び将来に向かって継承できることを心より幸せと感ずるのである。

歴代住職

元祖
教空年代不詳
開基
宗円寛永二年三月十五日寂
第二世
宗順 明歴三年十二月十六日寂
第三世
教恵 延宝八年四月十四日寂
第四世
教専 宝永五年十月七日寂
第五世
教似正徳四年六月六日寂
第六世
教可享保九年二月二十一日寂
第七世
教応享保十二年二月二十一日寂
第八世
空圓明和三年三月十四日寂
第九世
圓応天明二年一月二十三日寂
第十世
諦応文政七年十二月二十九日寂
第十一世
諦圓慶應元年五月二十九日寂
第十二世
諦観明治十四年四月六日寂
第十三世
俊了昭和十二年六月二十九日寂
第十四世
俊哲昭和五十六年十月三十日寂
第十五世
唯信前住職
第十六世
浄信現住職

平成27年7月27日、前住職の跡を承け、浄信が第十六世住職に就任。
平成28年4月10日には『住職継職奉告法要』を執り行いました。
その様子は[年中行事]ページをご覧下さい。